自動車事故により死傷した場合に補償を受けられる保険というものがありますが、

 

これは補償の対象となる人が自動車に搭乗している時や、歩行している最中に事

 

故で死傷した時に保険金が支払われるようになっています。

 
この保険における補償の対象となるのは、自動車保険加入者本人やその家族な

 

どであり、保険をかけていない自動車に搭乗している時でも補償の対象になりま

 

す。

shopping02_l

 
自動車事故で傷害を補償す

 

る保険の特徴としては、事故

 

で怪我や死亡した場合

 

の損害額が補償されること、自分の過失分も含めて補償されること、相手に支払

 

い能力がない場合も補償されること、設定額の範囲内であれば損害額が全額補

 

償されること、単独事故の場合も補償されることといったポイントが挙げられます。

 
この保険に加入していれば、自動車事故で死傷した時の損害額を過失割合に関

 

係なく補償してもらうことができ、その内容は搭乗者傷害保険と似ていますが、

 

傷害内容によって事前に決められた額が補償される搭乗者傷害保険に対して、

 

損害額の全額が補償されるという点において異なります。

 
ただし、この保険において相手方の保険から賠償金が支払われているという場合

 

は、その額を除いた金額が支払われることになっています。