自動車保険を契約する場合補償の上限金額を決めた上で契約する場合と上限

 

が無い形で契約する場合のどちらかを選ばなければなりません。

 
例えば上限額が1000万円とされている自動車保険に加入していて自身が加害

 

者となる事故を起こしてしまったとしても、1000万円以内なら保険会社が被害者

 

側に支払ってくれるため自身には金銭的な負担が生じないといったメリットがある

 

ため、転ばぬ先の杖の備えとして自動車保険で全額補償を求めているのなら保

 

険料が高くなってでも上限なしで契約すべきだと言えるのです。

 
全額補償タイプの上限無しの自動車保険であっても料金がかなり安い保険プラン

 

を提示してくれる自動車保険会社というのはかなりの数存在しています、

 

特にオンライン形式で保険契約が結べるネット自動車保険の場合保証内容のわり

 

に料金が割安である場合が多いため、コストパフォーマンス面を重視するといった

 

方は最有力の選択肢として捉えておいてください。shopping03_m

 
自動車保険に加入しているから

 

といって事故の際に発生した慰謝料や賠償金な

 

どを全て自動車保険会社が払ってくれるとは限りません、その点を十分に踏まえ

 

た上で全額補償プランに加入するかどうかを決定するといいでしょう。