mobile01_l

 

事故をおこした時、基本的に

 

自分と相手の過失の割合に

 

よりどちらがどの保険を

 

使うか保険会社同士で決め

 

ていくのが通常ですが、重大な過失によって起きた物は通常とは異なってきま

 

す。

 

例えば、運転車が飲酒運転をして事故を起こしてしまった場合、相手の自動車や

 

相手の運転車、搭乗者を死傷してしまい、また飲酒運転をしていた自動車やその

 

運転車自身も死傷してしまった場合、飲酒運転をしていた運転車には極めて重

 

大な過失があると言えます。

 

しかし、このような場合でも被害者救済の観点から、対人賠償、対物賠償は相手

 

に支払われます。ただし、飲酒運転をした本人には当然保険金は支払われませ

 

んが、本人以外の搭乗者については補償されます。

 

ただし、故意による損害は相手への保険金の支払いの対象にはなりません。

 

また、台風や地震、噴火などの自然災害による損害には保険金の支払いはありま

 

せん。また、家族親族内の死傷やその所有物の損害に対しても対象外なため注

 

意が必要です。

 

また、他の重大な過失として、無免許運転や闘争行為や犯罪行為での被害も当

 

然自分自身に対する補償はありません。

 

しかし、このような場合でも前述の飲酒運転の場合と同様に相手への対人、対物

 

補償は行われます。