» 未分類のブログ記事

通常自分で使っている車には、いつ何時に、万が一のことが起こるか分からない

 

ので、その時のために、任意である自動車保険に加入しています。

 

自分だけが気を付けていても、こればっかりは相手があることで、中には、もらい

 

事故などといったものに、遭遇してしまいます。そういった状況に対処するため

 

の、要素を含んだ保険であるため、保険内容は、加入した人にしか分からないこと

 

です。従って、その車の所有者に無断で車を持ち出して、誰かが運転をして、

 

そのまま事故になってしまった場合には、保険が適用されず、本来であれば受け

 

られるはずの補償が、受けられなくなる、といったことが発生してしまいます。

 

一般の保険の中には、設定内容がそれぞれあり、所有者の年齢に対してや、

 

運転をする人を設定する場合がありますので、必ずしも,どんな年齢でどんな人が

 

運転しても,保険が効くとは限りません。そのような設定をしたうえで、それ相応の

 

支払いが、されていなければならないのです。

 

 

そういったことで、他の人が運転して事故になった時も、保険内容が合わなけれ

 

ば、適用とはなりません。その前に、本人に無断で使用したという事態が、既に保

 

険適用外となってしまいます。

車両事故に遭遇した場合で怪我をしたり、最悪死亡に至ってしまった場合は自賠

 

責保険に加入していた場合は保険金が支払われますが、保険金が支払われない

 

ケースもまた存在します。

 
そのケースの中でも事故を引き起こした本人が100%悪い場合は、当然の事なが

 

ら保険金は支払われません。

 
具体的には次の通りです。

 
①逃走行為中に事故に遭遇した場合。
②自殺を目的として事故に遭遇した場合。
③犯罪行為中に事故に遭遇した場合。

 
上記3点のケースはどれを見ても、同情すべき点など一つも見受けられません。

 
ましてや、情状酌量の余地などどこにあるのでしょうか。

 
大体、自分の身勝手な都合で他人を巻き込んでおいて保険金が貰えると思って

 

いる神経がまず一般人の理解の範疇を超えています。

 
こういった反社会的連中の事故に巻き込まれて怪我や死亡事故に遭遇してしまう

 

という実に理不尽極まりないケースが残念なことに後を多々絶たない事も現実で

 

あります。

 
特に②の自殺を目的している場合などは尚更です。

 
自分で死ぬためにどうして他人を巻き込むことが出来るのか理解に苦しみます。

 
こういう不幸な事故に遭遇しないためは、運転中に留まらず、外出する際には周

 

囲に注意を払う事を怠らない事を各自徹底するしかありません。

mobile01_l

 

事故をおこした時、基本的に

 

自分と相手の過失の割合に

 

よりどちらがどの保険を

 

使うか保険会社同士で決め

 

ていくのが通常ですが、重大な過失によって起きた物は通常とは異なってきま

 

す。

 

例えば、運転車が飲酒運転をして事故を起こしてしまった場合、相手の自動車や

 

相手の運転車、搭乗者を死傷してしまい、また飲酒運転をしていた自動車やその

 

運転車自身も死傷してしまった場合、飲酒運転をしていた運転車には極めて重

 

大な過失があると言えます。

 

しかし、このような場合でも被害者救済の観点から、対人賠償、対物賠償は相手

 

に支払われます。ただし、飲酒運転をした本人には当然保険金は支払われませ

 

んが、本人以外の搭乗者については補償されます。

 

ただし、故意による損害は相手への保険金の支払いの対象にはなりません。

 

また、台風や地震、噴火などの自然災害による損害には保険金の支払いはありま

 

せん。また、家族親族内の死傷やその所有物の損害に対しても対象外なため注

 

意が必要です。

 

また、他の重大な過失として、無免許運転や闘争行為や犯罪行為での被害も当

 

然自分自身に対する補償はありません。

 

しかし、このような場合でも前述の飲酒運転の場合と同様に相手への対人、対物

 

補償は行われます。

自身が怪我をしてしまった時に利用できる利用できる健康保険などとは違い、

 

自分以外の第三者に大きな怪我をさせてしまった時に治療費や慰謝料を保険会

 

社に支払ってもらえるといった保険も存在しています。

 
自動車事故などで使用される割合が高い保険であり、任意加入の保険の中でも

 

特に加入者が多い保険であると捉えておいていいでしょう。

 
また相手に怪我をさせてしまった時に自身も怪我をしてしまったという場合には、

 

自身の怪我についても保険金が下りるため家庭で自動車を保有している世帯主

 

の方などに特にお勧めできる保険となっていると言えるのです。

 
しかし自身の怪我にしても相手の怪我にしても確実に保険金が下りるというわけで

 

はありません、故意に事故を起こしてわざと怪我をし保険金を受け取ろうとした場

 

合や怪我の程度を偽って虚偽の申告をした場合などには補償されないということ

 

もあるため気を付けるといいでしょう。

 
保険というのは保険会社と契約者の信頼を元に維持されているサービス商品であ

 

ると言えます、一度でも保険金詐欺のようなことをすると新規での自動車保険加

 

入が難しくなってしまうため事故を起こしてしまった時などには嘘偽り無く事実の

 

みを保険会社に申告することが大切なのです。shopping03_m

自賠責保険も任意保険の対人賠償保険も被保険者が他人に与えた損害を賠償す

 

る保険なので、自分が被害者になってしまった自損事故の、単独事故の賠償に

 

は使えません。任意保険の対人賠償保険だけでなく、自賠責保険も使えないとい

 

うところが重要です。

 

そういう事故の際に支払われる保険がないと実際には非常に困ります。

 

そこで自損事故の場合にも、死亡時や後遺症の賠償とさらに怪我の治療などを

 

賠償する保険です。

 

任意保険の対人賠償保険にはいると通常は自動的に入ることになります。

 

保障内容は対人賠償保険と同じです。けがによる治療費の実費や、働けない間

 

の収入、精神的損害等を補償します。また自分で運転していた時の自損事故だ

 

けでなく、通常の事故であっても相手が無保険であったり、轢逃げをして、加害者

 

が不明な場合などもこの保険から賠償されます。さらに他の車を運転中に起こっ

 

た事故も、歩行者として事故に遭ったときも、犯罪被害にあったときも賠償の対象

 

になります。実際に利用する機会は多くないと思いますが、非常に広く様々な事

 

故の補償をしてくれる保険となっています。

 

搭乗者傷害保険と重なる補償になる部分がありますが、補償が重なった場合には

 

両方の保険がもらえます。

自動車保険を契約する場合補償の上限金額を決めた上で契約する場合と上限

 

が無い形で契約する場合のどちらかを選ばなければなりません。

 
例えば上限額が1000万円とされている自動車保険に加入していて自身が加害

 

者となる事故を起こしてしまったとしても、1000万円以内なら保険会社が被害者

 

側に支払ってくれるため自身には金銭的な負担が生じないといったメリットがある

 

ため、転ばぬ先の杖の備えとして自動車保険で全額補償を求めているのなら保

 

険料が高くなってでも上限なしで契約すべきだと言えるのです。

 
全額補償タイプの上限無しの自動車保険であっても料金がかなり安い保険プラン

 

を提示してくれる自動車保険会社というのはかなりの数存在しています、

 

特にオンライン形式で保険契約が結べるネット自動車保険の場合保証内容のわり

 

に料金が割安である場合が多いため、コストパフォーマンス面を重視するといった

 

方は最有力の選択肢として捉えておいてください。shopping03_m

 
自動車保険に加入しているから

 

といって事故の際に発生した慰謝料や賠償金な

 

どを全て自動車保険会社が払ってくれるとは限りません、その点を十分に踏まえ

 

た上で全額補償プランに加入するかどうかを決定するといいでしょう。

 

 

自動車事故により死傷した場合に補償を受けられる保険というものがありますが、

 

これは補償の対象となる人が自動車に搭乗している時や、歩行している最中に事

 

故で死傷した時に保険金が支払われるようになっています。

 
この保険における補償の対象となるのは、自動車保険加入者本人やその家族な

 

どであり、保険をかけていない自動車に搭乗している時でも補償の対象になりま

 

す。

shopping02_l

 
自動車事故で傷害を補償す

 

る保険の特徴としては、事故

 

で怪我や死亡した場合

 

の損害額が補償されること、自分の過失分も含めて補償されること、相手に支払

 

い能力がない場合も補償されること、設定額の範囲内であれば損害額が全額補

 

償されること、単独事故の場合も補償されることといったポイントが挙げられます。

 
この保険に加入していれば、自動車事故で死傷した時の損害額を過失割合に関

 

係なく補償してもらうことができ、その内容は搭乗者傷害保険と似ていますが、

 

傷害内容によって事前に決められた額が補償される搭乗者傷害保険に対して、

 

損害額の全額が補償されるという点において異なります。

 
ただし、この保険において相手方の保険から賠償金が支払われているという場合

 

は、その額を除いた金額が支払われることになっています。

shopping02_l

 

 

自賠責保険だけでは不足がある場合があり、それを補ってくれるのが任意保険

 

で、任意保険に入って居れば安心できるというイメージがありますが、正確には安

 

心できるのは被害者の方だけです。自賠責保険はもちろん、任意保険の対人賠

 

償保険や対物賠償保険は、保険に入ることで、自分が加害者になったときの賠償

 

を補償してくれる保険だからです。

 

つまり事故があった場合の自分の被害を賠償してくれるのは相手の保険です。

 

つまり自分が悪い分は、どこからも補償がないわけです。

 

これは考えてみれば当たり前のことのような気がしますが、実際には誰の責任で

 

あろうとも、事故で大きな被害があったと言う事実は同じです。

 

自分のせいだからといって、怪我や死亡の補償もない、あるいは過失分だけしか

 

ないのでは、困るのですそれを補ってくれるのがこの保険です。

 

自分が悪くてもというより、誰が悪いかではなく事故があり相手が補償してくれなか

 

った分や、そもそも相手が存在しない自損事故、轢逃げ無保険などをこの保険が

 

補償してくれます。

 

この保険があれば、盗難車に撥ねられるような事故が合っても、あなたとあなたの

 

家族は補償されます。

 

あらゆる交通事故からあなた自身を守る保険と言うわけです。