自動車事故で搭乗者がけがをした場合、運転者か否か、運転者や保険の被保険

 

者との関係等で補償できる保険が変わってきます。まず自賠責保険で運転者以

 

外の搭乗者は原則として補償を受けることが出来ます。

 

例外として車の所有者が運転者ではなく同乗者であった場合は自賠責保険でカ

 

バーされません。

 

また運転者と同乗者の関係が家族であっても何ら問題はありません。

 

次に対人賠償保険でも同乗が運転者の配偶者や同居の親もしくは子供でなけれ

 

ば補償を受けることが出来ます。

 

これ以外のケース、運転者本人の傷害や同乗者が前記の家族であったような場

 

合は、人身傷害保険で補償を受けることが出来ます。これらの保険は怪我を本人

 

が実際に被った損害額を保険限度額の範囲内でカバーするものです。

 

この他に搭乗者保険というものがあり、これは保険の契約車両に搭乗している人

 

であれば、運転者でも同乗者でも支払対象となるものです。

 

搭乗者保険は入院や通院日数に応じて支払われるものと怪我の内容によって定

 

額が支払われるものがあり、後遺障害や死亡の場合には別枠で支払われるものも

 

あります。ただし実際の損害額には一切関係がないのでこれだけでは補償が不

 

十分になりがちです。

 

 

事故でケガや死亡した場合の損害額を補償

 

非常に簡単に、たとえ話で説明すると、要するに、対物保険に対す

 

る車両保険が、対人賠償保険に対する人身傷害です。

 

つまり対物保険や対人保険は運転していた人に過失があって、第3

 

者に被害を与えた場合にその補償をするための保険です。

 

つまり事故の為に相手に損害を与えた分を賠償してくれます。

 

しかし自分の方に被害があっても、それが自分の責任なら誰も賠償

 

してくれません。じつは自賠責保険ですら、運転者自身と、家族な

 

ど身内の同乗者の分は出ないのです。つまり政府事業の対象です

 

らないのです。もちろん政府事業を使った場合には加害者に請求

 

されますから、加害者に使えるわけもありませんが。そこで自分と自

 

分の家族を自損や無保険車から守るのが、この保険です。

 

車両保険の人身版と説明しましたが。つまり自損の場合に自分の責

 

任で起こった死亡やケガを自分自身や家族の分まで補償してくれ

 

るのです。また対人賠償保険の利用には過失割合があり、損害額

 

のうち相手の過失分しか支払われませんが、その支払われなかった

 

分もこの保険から支払われます。つまりこの保険があれば例え自分

 

に責任がある事故であっても、自分と同乗者の分の補償がなされshopping02_l

 

る、とても安心な保険なのです。